内職の種類とその特徴ついて、詳しく丁寧に解説するサイト『内職のイロハ』
内職の種類とその特徴ついて、詳しく丁寧に解説するサイト『内職のイロハ』

子育て中の主婦の方や、家庭の事情で外で働きたくても働けない人にとって、自宅で出来る
内職はとても助かる仕事となります。
内職の種類には色々ありますが、代表的なものは組み立て系で、他にもシール貼りやデータ
入力など、たくさんの内職の種類があります。
しかし、何かしらの理由により内職を始めたいと思っても、やはり初心者にとっては未知の
部分が多く、どのような内職を選べばいいのかわからず、また心配もあるでしょう。
そのような人のために、このサイトでは内職の種類をいくつか紹介しています。
これから内職探しをする方は、ぜひお役に立てて下さい。

組み立て内職

内職といえば真っ先に頭に浮かぶのが、組み立てなど手作業の仕事です。内職の代表的なもので、ドラマなどでも内職シーンはこのタイプです。

紙の内職

紙をのりで貼り合わせて封筒を作ったり、パンフレット類やチラシを二つ折りや三つ折にしたり、さまざまな種類があります。

検品の内職

主に商品に不具合がないかをチェックする仕事で、不良品や異物等を見逃さない細かな神経が必要なため、この仕事には向き不向きがあります。

縫い物関係

手作業系の内職の中でも、裁縫の技術などいくつかの条件を満たせば高収入を得られる仕事がこの縫い物関係の内職です。

組み立ての内容

紐を結んで輪を作ったり、バーコードのシールを貼ったり、かなり多くの種類があるのが組み立ての内職です。

紙の特徴

何百、何千と作業をするので、その紙を使った作業・保管のためのスペースが必要となり、スペースに余裕がないと効率が悪くなってしまいます。